初心者にもやさしいガンプラ販売

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラモ狂四郎

ご存知ですか?プラモ狂四郎

講談社発行の月刊児童漫画雑誌『コミックボンボン』にて、1982年2月号から1986年11月号まで連載されたプラモデル好きな小学生“プラモ狂四朗”こと京田四朗の物語です。

作者はやまと虹一、クラフト団です。

物語の要約です。

どんな事よりもとにかく“プラモデル作り”が大好きな少年“プラモ狂四朗”こと京田四朗が、数々の強豪一流モデラーを相手に自作のプラモデルで対決し、一流モデラーへと成長していく姿を描いた物語です。日本では初めての“プラモ漫画”でした。

プラモ(ガンダム)世代であれば誰しもが夢に描いた、自作プラモや改造プラモでの対決!をマンガとして実現させた“プラモ漫画”の決定版です。
漫画誌上での絶大な人気名機“パーフェクトガンダム”のキット化など社会への影響が大きかった。

主な登場人物をご紹介。

・京田四朗。主人公。ガンプラをこよなく愛し、一流モデラーをも唸らせる改造アイデアを持つ“プラモデル作り”が大好きな少年。通称“プラモ狂四朗”と呼ばれている。

マスター(倉田太)の助言や特訓で磨かれたプラモスピリッツで、一流のモデラーへと成長する。パーフェクトガンダム、武者ガンダムなどプラモ史上最高傑作と言われる作品を作り上げる。

・倉田太。模型ショップ「クラフト・マン」経営者。
通称マスターとよばれ、狂四朗のよき理解者。
厚い人望と幅広いモデラーとの人脈を持ち、大学時代から構想の“プラモシュミレーションマシン”を開発する。

・倉田緑。マスターの一人娘。狂四朗へ恋心を抱く。
・丸山健。狂四朗の親友で、永遠のライバル。
・木田晃一。狂四朗の同級生。メカの知識で手助けをしてくれる。
・山根アキラ。プラモ帝国エンペラーのリーダー
・富田。大学生モデラー。四朗のプラモスピリットの為の特訓をする。




«アーマードコアプラモ | トップへ戻る |  プラモつくろう»

SEO対策済みテンプレート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。