初心者にもやさしいガンプラ販売

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーマードコアプラモ

アーマードコアプラモを今回はご紹介します。

このプラモデルは1997年発売のプレステーション用3Dメカアクション・シュミレーションゲーム『アーマード・コア』シリーズに登場する兵器の立体化されたものです。

・2005年、株式会社壽屋より1/72スケールの『アーマード・コア ヴァリアブルインフィニティ(ARMORED CORE Variable infinity)』発売。

精密な細部までの再現と高質感、ゲームアクションと同様の武装や組み換え無限可能(ヴァリアブルインフィニティ)なフレームパーツが特徴。

・オープニングムービー(アーマード・コア マスターオブアリーナ~アーマード・コア フォーアンサー)やメインキャラクターの乗機、オフィシャルイラストに登場した機体などがリリースされている。

●アーマードコアプラモの特徴
・平均全長14cmだが、パーツ割がかなり細かく(最多で450個余)、ピンセットでの作業と接着材が必要な極小パーツもあり、組立難易度が高い。

・過去発売の製品について、デザイン上の制約による可動範囲制限の拡大、間接強度確保などの工夫がされた製品構成がされている。

・メカデザインは“マクロスシリーズ”で有名な河森正治氏。

●ゲーム:アーマードコアストーリー
未来世界での大破壊と呼ばれる全面戦争で、僅かな生存人類の地下都市から地上への復帰を目的とした企業連合体のもと“百年計画”がスタート。

計画の進展によって激化する巨大企業間の抗争。それを食い止めようと、主人公が所属する「レイヴンズ・ネスト」のレイヴン達が活躍する。しかし、あまりに活躍しすぎて、巨大企業自体が崩壊してしまう。そのため、主人公はイレギュラーとして追われる事になり、レイヴンズ・ネストの中枢に触れることとなる。

« | トップへ戻る |  プラモ狂四郎»

SEO対策済みテンプレート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。